上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、『今はFlashcardを使ったVacabularyアップ期間』という投稿をさせていただきました。
実は、こういった地味な復習(?)は、大の苦手なのです。実際、出産前はLingQにログインしているときは新しいコンテンツを読むのがほとんどで、Flashcardはほとんど利用していませんでした
今も、Flashcardで単語・フレーズを学習するぞっと思ってログインするのではなく、おっぱい飲ませている間暇だから…、膝の上の息子が寝つくまで立ち上がれないから…という理由で、『じゃあFlashcardでもやっとこ』という感じです。
今日は、活用法…というほどのものではないのですが、そんな私がどのようにFlashcardを利用しているかご紹介したいと思います
今は新しいコンテンツを選択せずに、既に保存されているLingQのステータスアップに力を入れているのですが、やり方は次の通りです。

  1. OverviewページからFlashcardを立ちあげ、以前Steveが言っていたように『2回正解したら表示されないようにする』にチェックをいれる。
  2. Flashcard上の単語の意味がわかればGot it!をクリックして次へ
  3. わからなければPhraseを表示
    • PhraseやHintの欄が空白のものはこのときに入力
    • 100%の自信を持って正解できたものは一気にステータスを4にしてしまう。
    • Phraseを見ても意味がわかりづらかったものは、Googleなどで、より意味を連想しやすい例文を探す

なぁーんてシンプルなのでしょう!目新しいことは何もなかったですね
以前makinomiyaさんが書かれていたのですが、なにをもってGot it!を押すのか、というのは難しいところですよね。
私なりのFlashcardをするときの大事なポイントとしては、
  • やらなければいけない、と思うと苦になってしまうと思うので、あくまでも無理なく楽しんでする
  • どんどんステータスが上がっていった方が楽しいに決まっているので、Got it!を押す基準はかなり低めに設定
  • あくまでも自分に甘く、Hintに入力している訳語や同意語と違っても、だいたいのイメージが正解であればGot it!
  • 単語を覚えこむというより、ポジティブかネガティブか、などのイメージをつかむことを目的にする。
以下は私の勝手な考え方ですが…
Flashcardは有効な手段ですが、やはりそれだけで単語を使いこなせるようにはならないと思います。
ちょっと話がずれますが、私は英単語を覚えるのは漢字を覚えるのに似ているな、と思います。読めるけど書けない漢字が多いのと同じように、Flashcard上では正解しても実際自分では使えない単語が多い・・・。
でも逆に言えば、読めもしない漢字を書けない様に、まずはイメージをつかまないと使えるようにはなりっこないと思います。さらに、漢字だけを見て知らないと思っても、文中に出てきたら、読めたり意味が分かったりすることありますよね。それと同じで英単語も、単語だけを見て何通りもの意味を全部暗記できなくても、実際に文中に出てきたときに『そう言えば・・・』って思い出せるようにFlashcardでイメージをインプットしておく…そんな使い方でいいんじゃないかな、と思います。
あと、ステータスが4になっているけど完璧に忘れちゃってるよ…という単語がでてきたら、もう一度選択してLingQボタンをおし、ポップアップを表示させると簡単にステータスを変更することが出来るので、ステータスが4になるってことは完璧に覚えたってこと、なんてプレッシャーを感じる必要はないのです
Flashcardの目的は何度も同じ単語を目にしてその単語に対する下地を作る(?)、というところにあって、最終的に覚えこむためにはやっぱりスピーキングやライティングなどの実際のアウトプットで使うことが必要不可欠なんじゃないかな、と思います
関連記事

テーマ: オンライン英語学習 - ジャンル: 学問・文化・芸術

Category: LingQ
Forum情報 その2 | Home | ディスカッション参加者募集!

Comment

とても参考になりました!

こんにちは。
お忙しい中、リクエストに答えていただき(笑)、ほんとにありがとうございます。

特に・・・
・Phraseを見ても意味がわかりづらかったものは、Googleなどで、より意味を連想しやすい例文を探す
・単語のイメージをつかむことを目的に
・単語は漢字と同じ

なんていう点が、なるほどなぁと思いました。

ListeningやReadingについては、LingQの方でも使い方をはっきりと提示してくれているので、LingQ初心者のわたしでも、何となくリズムがつかめる感じがしていたのですが、
FlashCardに対して、どのような態度で接したらいいのかが、今まではあまりはっきりしなかったんだと思います。

WestEnderさんの活用法からは、単に「こう使ったらいいよ」ということだけでなく、どのような気持ちで接したらうまくいくかということが書かれていた感じがして、ほんとに参考になりました。

わたしもFlashCard活用していけるよう、がんばってみたいと思います!

2007/11/04 (Sun) | makinomiya #- | URL | Edit

makinomiyaさん

Flashcardだけではなく、LingQのどの機能も使い方はいく通りもあると思います!私もつい最近LingQにカムバックしてFlashcardをやり始めたばかりです。お互い頑張りましょうね~e-68

2007/11/05 (Mon) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。