上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ずっとspeakingをサボっていたのですが、仕事を辞めて『専業主婦』となったこともあり、6月の月目標を

"Join the discussion as much as possible!"

と設定しました。
まだ6月になってなかったけど、昨日の夜、眠い目をこすりながら参加しましたよぉ~。
参加したDiscussionは"Tracey on Writing"です。
一応、同じタイトルのコンテンツがあったので、時間をつぶすため(それまでに眠ってしまわないように)ディスカッション前に急いで読みました。
でも、特にその内容に関しての話ではなくて、Traceyから参加したメンバーに『Writingに関して聞きたいことはないか?』と質問があり、一人一人の質問に答える、という形式でした。

私は特に質問を準備してなかったのですが、他の人の話を聞いているうちに思いついたことがありました。
それは『英文を書くのに、どこまで時間をかけるか』ということ。
私はいつも、延々と単語やフレーズを調べたり、同じ内容を何度も何度も書き直しをしてしまい、ほんの短い文章を書くのにもものすごく長い時間をかけてしまいます。
時間を設定してその時間内に書き上げようと思っても、なかなか。(^^;

Traceyからのアドバイスは、一気に短い時間で書こうとするのではなく、目標時間を徐々にを短く設定していくというものでした。例えば、今300語の英文を書くのに1時間掛けているのであれば、目標を50分にしてみる。それに慣れてきたら45分、40分という風にだんだん短くしていく。
最初から早く書こうとし過ぎると、ミスが増えたり、書きたいことが整理されなかったり、結局練習にならないみたいです。
最終的には300語を30分以内に書けるのを目指してみては…とのことでした。
もちろん、トピックや文体(エッセイなのか、カジュアルな文章なのか)にもよるので、同じ長さの文章を10分で書けるときもあれば、その3倍かかるときもある。それは仕方ないこと、とも言ってました。

よし、明日はWriting提出するぞ、と思って寝たのに、今日は何してたんだろう・・・
関連記事

テーマ: オンライン英語学習 - ジャンル: 学問・文化・芸術

Flash Cardの使用法 | Home | "auspicious"

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。