上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日たまたま目にした話です。
電車に乗ろうとプラットホームに向かって階段を上っていると、目の前の4歳くらいの男の子が、すぐ前を歩いているお母さんに向かって、
とめて!とめて!
と叫んでいました。

何をとめて欲しいのかなぁ~と思っていると、どうやら男の子は、自分がもうちょっとゆっくり歩きたかったみたいで、お母さんに『とまって』欲しかったみたいです。『とまって!』というところを、『とめて』って言ってたんですね。(もちろんお母さんはすぐ止まってくれてましたよ
でね、同時に思い出したのが、Steveから以前聞いた

言語っていうのはある程度間違いを繰り返して段階的にレベルアップしていくものだから、間違えるっていうのは必要な作業なんです

という話。
まさに今回のようなことかな、って思いました。
その男の子は『止まって』って言いたくて『止めて』って言ってたけど、これからもずっとその間違いを続けるとは思えないですよね?

私も英語で話したり書いたりするときに、何度も同じ間違いをしたりして、はぁ~、と思うことがあるのですが、この段階がないと、次の段階に進めないんだ、と思うとちょっと気が楽になりました。
関連記事

テーマ: 英語 - ジャンル: 学問・文化・芸術

冷え性って英語でなんていうの? | Home | Let's speak English at home!

Comment

ええ話や~。

昨日、ミサ中に3歳の女の子が走り回ってお母さんに怒られました。
お母さん「なんか言うことはないの!?」(「ごめんなさい」をいわせようとした)
女の子「(なきながら)。。。
ありがと!

お母さん「あほぅ!それをいうならごめんなさいでしょ!」
おもわず手をたたいて笑ってしまいました。さすが関西!子供のときからボケと突っ込みを心得ている!

わが子もへんちくりんな日本語を使います。よっぽどへんちくりんだったら訂正コメントを言いますが、いちいちいうと「うるさいなぁ」といわれますのでほどほどにしています。
息子が宿題で日記のようなものを書くのですが、そのときはいつも
まず、ためし書きをしてから一度大きな声で読む。そしたらへんな表現だな。書く順番がちがうなぁとかがわかる。もう一度書き直す。読む。を繰り返したらいい文章がつくれるで。谷川俊太郎さんも何度も書き直していい文章にしたから、みんなに愛される詩になったんやで~。
というと「めんどくさいなぁ」といいながらがんばって書いては読み、書き直しては読んでいました。おお!LinguistのWritingにもつながるTipだなぁと自分で思いました。
子供にはいい文章をいっぱい読み聞かせてボキャブラリーといい表現を自分のものにしてもらいたいです。
コンテンツが少し偏っているので侍言葉になってしまうかも(笑)
子供のように恥ずかしがらずにどんどんしゃべるどんどん書くのがいいんですね!

2006/11/13 (Mon) | leonie #- | URL | Edit

ごめんなさいの代わりにありがと!

もー、『正解e-2』って言ってあげたくなっちゃいますねv-290

それにしても、Leonieさんの息子さんはすごい!もしかして将来は物書きさんになるかもですね。『書き直し』って大人でも『めんどくさいなぁ~』って思いますから、それができるというのは、息子さん自身も『書くこと、読むこと』が好きなんですね。それはきっと、お母さんの影響でしょうね~v-392

2006/11/13 (Mon) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

たくさんあります、私・・

私の最新の覚え間違いは、
escalation と excursion。
上司に「escalation(上申)
」したいというつもりで、「excursion(遠足)」というところ(未遂)でした。
危なかった・・・
でもまだまだ油断できない。

Leonieさんの息子さんの「偏ったコンテンツ」が気になりました。
もしかして山本周五郎シリーズかなぁ?

2006/11/13 (Mon) | Kazuyo(owlmind) #- | URL | Edit

思い切って遠足に行きたいんです!?

となるところだったんでしょうか?ん~、未遂だったなんて残念v-237(うそですよ~)
ところで山本周五郎、私も小学校低学年の頃に、親の本を読み漁ってました。思えば、あの頃気付かぬうちにわび・さびを覚えたかも。

2006/11/14 (Tue) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

こんにちは。ご訪問&コメントありがとうございます。
先達て別の方のブログにも同じようなコメントをさせてただいたのですが、語学を学習する上で、大なり小なりの失敗は前に進むのに必要なステップなんだと思います。
間違いに気付いたらそこで学習すれば良いわけですし、どんどん使ってたくさん間違って、体で覚えていったもん勝ちだと思いますv-218

2006/11/14 (Tue) | Mojo #- | URL | Edit

ほんとにそうですよね!

ホントにその通りですよね。間違った方が印象に残って、同じ間違いを繰り返さないようになりますもんね。私が利用しているThe Linguistというシステムの創立者Steve(彼は9言語をマスターしたのですが)も、よく失敗談を楽しそうに話してるしなぁ。

2006/11/15 (Wed) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。