上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間、本屋で立ち読みをしていたら、英語のフレーズ集みたいなのが目に留まりました。使えそうな短文がいっぱい載っていて、それを何度も音読して自分のものにしてしまおう!っていう、よくあるんだけど、それでも心惹かれてしまうタイプの本でした。

でもね、この本、だいたいにおいて良さげだったのですが、ところどころ『』と思う箇所がありました。
例えば、What are you talking about?という例文とともに、『何を話してるの?』という訳。
確かにある状況下ではそういう意味になると思いますが、イントネーションを間違うと、『いったい何言ってるの?』ともとられかねません。こいつ、いったい何言い出すんだ?正気か?みたいな…。^^;

さらに、I don't have enough ability to communicate in English.みたいな文までありました。こんなまどろっこしい言い方、聞いたことないよ?

う~ん、ちょっと(かなり?)心惹かれていただけに、残念でした。
関連記事
Category: The Linguist
A Little Help from our Members | Home | A Letter from Steve Kaufmann

Comment

ふっしぎ

その本は、ネイティブの方が書かれているのでしょうか?v-433
一生懸命勉強しても、なかなか相手に伝わらなかったりv-394、本に載ってた同じような言い回しを聞いたことがなかったりv-393するとがっかりですよね。

日本では英語勉強のための教材ってたくさんありますが、ネイティブ検閲を全部してほしい。ついでに中高の教科書も・・・

2006/09/15 (Fri) | owlmind #- | URL | Edit

そうそう、確か日本人でした!

わたしも、やっぱり日本人だけで編集されたものは危険だな、と思ったのを覚えてます。
最近は共著とかで、『実際によく使われる英文で構成しています』とか書いてあるのも多くなりましたよね。

2006/09/15 (Fri) | WestEnder #VQYluVek | URL | Edit

それはわたし用の本です。

What are you talking about?って私がトロトロ言うとちゃんと「何はなしているのでしょうか」と伝わると思います。
WestEnderさんがペラペラと言うと「あんたはん何か文句あっか?」とネイティブ同士の会話みたいに伝わると思います。
I don't have enough ability to communicate in English.と私がトロトロ言うと、いや最後の言葉にたどり着く前に話せないことが正しく伝わると思います。
WestEnderさんがペラペラ言うとまどろっこしい表現に伝わるのです。
つまり、この本はわたし用です。
ほしいな~。
でも、その前に相槌をマスターしたい。WestEnderさんはどんな相槌打つんだろう。akubinさんは「ウッフンv-351」(私にはそう聞こえました)って色っぽい相槌打ってましたよね。私も一度言ってみたいのですが問題ないかなあ?(オエッて言われる?)
WestEnderさん先日はいろいろとサンキュ~ベリイマッチッチュ!

2006/09/15 (Fri) | わん子 #q7EjBrqg | URL | Edit

You are very welcomeです。

相槌かぁ。v-222はい!実は私、たまに練習してることがあります。これはかなり高度なテクニック(v-236)なのですが、相手の言った言葉に合わせて"Did you?"とか"Are you?"とか返すんです。
例えば、相手がI saw ...とかI went..とか言ったら"Did you?" I'm going to... とか I am...とかだったら"Are you?" (もちろん他にも"were you?"とかもありますね♪)
でもこれ、難しいです。テンポよく相槌なんて打てない・・・相槌に間が空いちゃうのってどうよ?って感じです。e-263
でも思い出したときに練習してるので、わん子さんもぜひお試しあれ!

2006/09/15 (Fri) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。