上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい数日前に、
語学ってまったく話せないときは話せなくてもどかしいし、ちょっと話せるようになっても、今度は「この言い方で大丈夫なのかな。」と心配になって、逆に喋れなくなってくる・・・

な~んてことを書いていて、自分なりに『最後は言葉そのものを超えたところにある人間性なのかなぁ~』なんて結論付けたりしていたのですが、まさにドンぴしゃりな文章と巡り合って、とても勇気付けられたのでご紹介します。
これは、あるメンバーの方からの質問に対する、The Linguistの創立者、Steve Kaufmannからの手紙です。日本語の原文をそのまま載せますね。

私はこの文章を読んで、文法的なミスがどれだけ多くても、人の思いっていうのは言葉にのって伝わってくるものなんだな、って思いました。

手紙頂いてどうも有り難う。日本語でを答えします。ほとんど日本語で書きませんのでミスがたくさん出ますが、許してください。

言葉の勉強は一種の旅です。出発点があっても終点はないのです。このたびは楽しいほど収穫は豊富, 進歩が早い。最初は少し苦しい。しかし慣れてくると色々と自分から見ることができます。色んな単語とphrase と言葉の構造を自分で発見できるようになります。自分で発見したものは覚えやすいです。歩く速度と方向は自分で決めるのは一番よいです。

何時でも楽しみながら勉強するのは効果的です。自分が初心、超初心者だと思う必要はないのです。楽しければ、初心者、超初心者という種類は意味がなくなります。言葉を勉強している人々すべて単なる同行者です。

必ず英語力は上達します。条件は三つだけ。
1)楽しく聞いたり、読んだりして下さい。聴く内容を自分で選んで下さい。
2)自分は必ず流暢に話せると信じてください。
3)最低6ヶ月間継続してください。効果を感じれば必ずさらに勉強したくなります。

子供と同じように、沢山聴くことが大切。もうひとつの言葉になじめないといけません、なれないといけません。聴くときと同時にたくさん読んでください。まず楽に英語を吸収してください。その気になれば一言英語を話してください。自分に対してもよろしいです。

その気になればThe Linguist 会話に参加してください。最初は一対一の会話を利用して。その後、四対一の会話にも参加し、最初ただ聞いただけでもよろしいです。その気になれば自分からほかの人に話してください。思わずに吸収した内容から新しい単語、新しいphraseが頭に飛んで繰る、自分の口から出てきます、使うようになります。

自分の英語表現能力は徐々に出ます。自分に対して圧力をかけないで。ストレスなしで勉強すれば効果が増えます。だから素直に興味のある、自分の水準に合う内容を選んで、聞いたり、読んだりしてください。

この態度、とこの時間帯でThe Linguist で勉強すれば必ず自慢するほどの英語力の進歩を期待できます。

これは私の経験です。The Linguistのほかの会員の経験でもあります。

Steve Kaufmann
CEO and Founder
www.thelinguist.com



関連記事

テーマ: オンライン英語学習 - ジャンル: 学問・文化・芸術

Category: The Linguist
What are you talking about? | Home | 最近の英語関連テレビ

Comment

私もそう思います(思いたい!)

えらーい先生たちが集まる『学会』ってあるじゃないですか?
そこでは、どんなに英語が出来なくても、伝えたい内容・聞きたい内容であればみんな聞くし、質問もバンバン来るんですって。
どんなに英語が出来ても、メッセージ性が薄いと人気ないんですって。

やはり「伝えたい・聞きたい」という気持ちのほうが強いですよね。
と、自分を納得させながら下手な英文と格闘しています~

2006/08/29 (Tue) | owlmind #- | URL | Edit

>どんなに英語が出来ても、メッセージ性が薄いと人気ないんですって。
わかる気がします。日本語でも、ポイントがわからない話や興味がない話って聞いてるのがつらいですもんね。^^;

完璧な英文じゃなくて、読みたいって思える英文を書けるように、書き続けるしかないですね~v-392

2006/08/31 (Thu) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。