上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語で、『タイミング』ってありますよね?辞書で調べても、タイミング=timingと出てくるのですが、やっぱり同じように使うとnatural Englishではなくなってしまうようです。
最近の添削で指摘された二つの例をご紹介しますね!
  1. I am very sorry to ask below questions at this timing.
    I am very sorry to ask the following questions at this time.

    これは、『もうすでに話が進んでいるにもかかわらず、いまさらこんなタイミングで聞いて悪いんだけど…』と書きたかったのですが、やっぱりtimingではおかしい、との指摘です。
    ちなみに、below -> the followingの訂正に関しては

    This sounds a little more natural than your orignal phrasing.

    とのことでした。

  2. If you could respond these questions at the earliest possible timing, it would be very much appreciated.
    If you could respond to these questions at the earliest possible time, it would be very much appreciated.

    respond toは単純な前置詞忘れ。見直しても見直してもこういった間違いがゼロになることがないのだぁー
    そしてここでも、『できるだけ早いタイミングで返事してくれ~』ってなニュアンスで書きたかったのですが、これもtimeなんですね~

いつもいつも思うのですが、こんなに丁寧に添削してくれるのってホントにすごい!
私も日本語を教えてたことがあるのですが、人の文章を直すのって大変なんですよね。何度も読んでると、自然な文章かどうかなんてわからなくなってくるし・・・!^^;
毎回一生懸命添削してくれてるのを感じると、またsubmitするからね~と思うWestEnderなのでした。
関連記事

テーマ: オンライン英語学習 - ジャンル: 学問・文化・芸術

Category: The Linguist
わたしのGoogle使用法<その2> | Home | The Lesson of the Day

Comment

あっ

below questions
→the following question については
つい最近の添削で私も指摘いただきました。
WestEnderさんも同じ指摘。。ちょっとうれしい(不謹慎)。

添削では、本当に伝えたい気持ちについても指摘してくれて本当に助かります。
最近では、(あなたはその町にいたほうがいいと思うよ)を言いたくて、
You have to be in the town.
と書いたのですが、
You may have to be in the town.
に直してもらいました。
私の文章そのままだときっついですもんね。
やはり、相手に優しい英語を使えるようになりたいものです。

2006/08/08 (Tue) | owlmind #- | URL | Edit

お?owlmindさんも?

えへへ~、なんだか嬉しくなっちゃいますねv-344
(ん?二人とも間違いを指摘されている、という意識が欠落している?v-414
こんな風に、同じ指摘をいろいろなところで目にすると、頭に入りやすいですよね!(←つまり、1回では無理。^^;)

2006/08/09 (Wed) | WestEnder #wAFOirbk | URL | Edit

わたし、がんばった。

VOXにも、blogデビューしました(してしまいました)。
日曜日に行ったプチ旅行の写真等を載せてますので、見てください。ふふ。(http://owlmind.vox.com/
これに載せた内容をWRITEセクションに。
これを動機づけとして、勉強すればいいのですよね。
みなさんのブログを見ているだけで勉強になります。
(あんなにたくさん英文を書くことの出来るHITOMI様、すごい・・)

文章がおかしいのは、目をつぶってくださいませ。
勝手にWestEnderさんをNeighborにしてます~。

2006/08/10 (Thu) | owlmind #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。